バレンタインにおすすめ!日本で買えるドイツのチョコレート

ドイツ生活

バレンタインデーに日本のチョコレートをあげるのも良いですが、他の人と少し違ったチョコレートを贈りたい場合は、ドイツのチョコレートを贈ってみるのはどうでしょうか。

ビールやソーセージだけでなくドイツは世界で一番チョコレートを消費するといわれているチョコレート大国。おいしいチョコレートも沢山あるって知っていましたか?

その中でも日本で簡単に買えるドイツのチョコレートを、本命用、義理チョコ/友チョコ用に分けてご紹介します!

スポンサーリンク

本命向けのドイツチョコレート

ローエンシュタイン(LAUENSTEIN)

1964年創業。バイエルン郊外のローエンシュタイン城のふもとに本拠を置くショコラブランド。このブランドのチョコレートはドイツのルフトハンザ航空のファーストクラスでも採用されているそうです。 華やかで上品なモチーフが多く、高級感のあるチョコレートです。とっても人気でバレンタイン時期にはすぐに売り切れてしまいますのでお早めに。バレンタイン時期は三越、高島屋、阪急百貨店などの全国百貨店の催事場のほかイトーヨーカドーでも取り扱いがあります。

ニーダーエッガー(NIEDERREGGER)

1806年創業の老舗ブランドでマジパン菓子が主ですが、チョコレートがかかったマジパンも多数手がけています。マジパンとはアーモンドの粉と砂糖を練り合わせたものなのですが、ニーダーエッガーのそのしっとりとした味わいと高級感は抜きんでておりプレゼントとしても人気があります。特に洋酒の入ったものは特にマジパンとの相性が良く、大人にピッタリです。日本では三越伊勢丹、高島屋、東急百貨店、大丸松坂屋など大手デパートで扱っているほか、ネットで購入できます。

Hachez(ハシェ)

ドイツのブレーメンという街に本店がある長い歴史を持つ老舗のチョコレートメーカーです。ブレーメンの音楽家隊という童話でもおなじみの街ですね!ここは特にカカオ豆にこだわりをもっていて、世界にわずかしか存在しない貴重な最高級のカカオ豆を使用して時間をかけて丹念に作り上げています。チョコレートの味をしっかり楽しみたい本格派の方には特におすすめ。上品な甘さのチョコレートが揃っています。主にAmazonや楽天などの通販で購入できますが取扱数が少ないのでお早めに。

Lindt(リンツ)

こちらはドイツではなくスイスのメーカーになるのですが、ドイツでもプレゼント用のチョコといえばLindtというくらいかなり有名で人気。値段は手ごろだけれど高級感もありとてもおいしいです。あまりにも親しまれているためかドイツからのお土産として買っていく人も多いんですよ。板チョコからトリュフのようなチョコまで種類が豊富。日本にも直営店があるほか、PLAZAやKALDI、成城石井などで広く取り扱っています。

本命にも義理/友チョコにも!両方におすすめのドイツチョコ

ViVANI(ヴィヴァーニ)

板チョコが主なのですが、クオリティが大変高くこだわりのあるチョコなので本命チョコにもおすすめです。

ヴィヴァーニはオーガニックとフェアトレードに信念を持つチョコレートブランド。無農薬の原材料を使用するだけでなく加工工程で乳化剤も使用しない徹底ぶり。包装紙がとってもアーティスティックで素敵なので、本命用のプレゼントに添えたり、オシャレなお友達にあげると喜ばれるかも!こちらは実店舗での取り扱いがほとんどないようですのでAmazonや楽天などを利用するのがよいでしょう。

merci(メルシー)

100年以上の歴史があるドイツ・ストーク社のブランド。沢山の種類のフィリングや風味のチョコレートです。食べやすい棒状になっているものが代表的ですが、キャンディーのように小さく包まれたものが袋に入っているバージョンもあります。メルシーが「ありがとう」を意味することから感謝の気持ちを伝える時のプレゼントとしてドイツでも人気です。

ひとつづつ個包装になっていて、沢山入っているので、学校や会社の人たちに配るのもいいかもしれませんね。日本ではPLAZA、カルディー、コストコ、通販などで取り扱いがあります。

義理チョコ/友チョコにおすすめのドイツチョコレート

リッタースポーツ(Ritter SPORT)

こちらはドイツで大人気の定番チョコレート。ナッツやクッキーが入ったものやフィリング入りなど種類も豊富です。見た目がスポーティでチョコには珍しい正方形でスタイリッシュ。10センチくらいの正方形のものがスタンダードですが、沢山の種類を味わえるアソートボックスもあります。パッケージの色が味によって違うのでアソートボックスはとてもカラフルになって面白いですよ。PLAZAやKALDI、通販などで購入できます。

ショカコーラ

1935年にベルリンで開発されたという、カフェイン0.2%含有のチョコレート。名前は材料である「Schokolade(チョコレート)+ Kaffee(コーヒー)+ Kolanuss(コーラ豆)」から取っています。食べると頭が冴えてみるみる力が湧いてくる!だそうで、戦時中のドイツ軍にも愛用されたようです。レトロなデザインの丸い缶に入っていてとってもユニークですよね!缶をとっておいて後で小物入れとしても使えそう。車をよく運転する男性に贈ると面白くて良いと思いますよ。ちなみにコーラの味はしません。KALDI、ジュピター、通販などで取り扱いがあります。

ミルカ(Milka)

ドイツだけでなく世界で有名なチョコブランド代表格ですね。紫色がトレードカラーの老若男女みんなに愛されるチョコレートです。もともとスイス発祥ですが、「Milka」のブランド名はドイツのベルリンで生まれ、ドイツで多く製造されているのでドイツのチョコとして紹介される事が多いです。アルペンミルクをふんだんに使ったまろやかな味わいで、日本のチョコに比べて甘いのですが、苦いチョコが苦手な人、甘い物大好きな人にはおすすめです。板チョコだけでなく季節によってサンタの形やウサギの形のものも出回って、子ども達にも人気です。KALDIやPLAZAで買えるほか、通販でも取り扱いが多いので常時購入できます。

タイトルとURLをコピーしました