処方箋なしで買える!ドイツの植物性の風邪薬、Umckaloabo(ウンカロアボ)を使ってみた。

ドイツ生活

ドイツで風邪を引いてしまった!引き始めや病院に行くほどでもない時は、薬局で処方箋なしで買える薬があるといいですよね。

でも海外の薬って強いイメージがあるので心配。
なるべく自然の植物由来の物があればいいなと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回はドイツで広く売られている、植物成分主体の風邪薬、Umckaloabo(ウンカロアボ)の紹介と、実際に使ってみた時の感想を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

ドイツの植物性の風邪薬、Umckaloabo(ウンカロアボ)とは

西洋医学最先端のドイツですが、人々の間では化学物質だけに頼らず、まずはハーブや植物の力で病気を治してみる、という考えが普及しています。

Umckaloabo(ウンカロアボ)は、南アフリカ原産のペラルゴニウム(Pelargonium sidoides)という植物の根から抽出したものを、錠剤やシロップにして売られています。

特に喉の痛みや咳、タンの出る風邪に効果があり、免疫力を高める効果もあるそうです。

ドイツでは処方箋なしでApotheke(薬局)やオンラインショップで買うことができます。ちなみにRossmannやdmなどのドラッグストアにはおいてありません。

風邪を引いた時に実際に使ってみた

私も、化学物質の薬を使うより、まずは植物性の薬で様子を見るタイプで、日本では風邪をひくとまず葛根湯を飲んでいました。

だけど、ドイツでは葛根湯がその辺の薬局じゃ売っていません。そんな時に、我が夫から教えてもらったのが、Umckaloabo(ウンカロアボ)。植物性だということで、風邪を引いた時、試してみることにしました。

服用を始めた時は風邪の初期段階で、熱はなかったのですが、のどの痛みがあり咳が出ていて、これ以上ひどくなったら困るぞ、と焦っていました。咳をするのは家族にも他の人にも迷惑をかけてしまうので、咳だけでもとりあえず治まってくれればという思いでした。

Umckaloabo(ウンカロアボ)を飲んですぐに劇的に効いたという訳ではなかったけれど、明らかに少しずつよくなっていくのが分かり、日に日に咳も少なくなっていきました。3-4日後にはほぼ咳がなくなってあとは無理をしなければ大丈夫だろう、というところまで回復しました。

自然由来の風邪薬はおだやかに効くイメージがありますが、Umckaloabo(ウンカロアボ)は思ったより効き目があったように感じます。

うちでは風邪を引いたらすぐに飲めるように常備しています。

この記事はあくまでも個人の経験に基づくものです。全ての人に効果があると保証するものではありません。服用前に説明書をよく読み、注意点や副作用のリスクを確認し、用法、用量を守ってください。

タイトルとURLをコピーしました